BRIDAL JEWELRY BY CORALBELL GOFUKUCHO, SHIZUOKA 二人の大切な想いを指輪にこめて・・・世界でたったひとつのエンゲージリング CORALBELL コーラルベル/静岡市呉服町

ダイヤモンドの4C

Characteristics of a Quality Diamond

Cut(カット)、Color(色)、Clarity(透明度)、Carat-Weight(重量)。
これら4つの「C」によって、ダイヤモンドの価値が 決まることをご存じでしたか。
この中で、光沢、きらめき、輝きのバランスが最良になるために重要なのが、カット。
このカットこそが、ダイヤモンドの美しさ に多大な影響を与えます。

CUT

カット

最終的にはどれだけ正確に仕上げられているか、このカットで輝きの違いが生まれます。
どんなに他のグレードが良くても、このカットが良くなければダイヤモンドは輝きません。
ダイヤモンドは輝きが命です。

理想的なカットのダイヤモンドは、 入射光線が中心に向かって屈折し、 対面に反射して上面ファセットから抜け、 その輝きを倍加させます。理想的なカットのダイヤモンドは、 入射光線が中心に向かって屈折し、 対面に反射して上面ファセットから抜け、 その輝きを倍加させます。

理想的なカットではない ダイヤモンドは、石の側面や底から 光が漏れ、「輝きの鈍いダイヤ」に なってしまいます。理想的なカットではない ダイヤモンドは、石の側面や底から 光が漏れ、「輝きの鈍いダイヤ」に なってしまいます。

COLOR

カラー

無色透明のものから黄色味をおびていくまで、Dカラーを最高としてアルファベット順にZカラーまで 23 段階に分類されます。
ブライダルリングとしておすすめしているのは、無色の範囲とされている
D、E、Fカラー です。

COLOR

CLARITY

クラリティー

ダイヤモンドに入っている様々な内包物の度合いを表します。
内包物が少ないほど光を遮るものが少なくなるため、ダイヤモンドの透明度が上がり
より美しく輝きます。
ランクは、FL(無傷)からI(肉眼で見えるもの)までで表されますが、
あくまでも顕微鏡で見た時のことですから、肉眼で見えることが無い「SI 1 クラス」以上
のダイヤモンドであれば、 Cut (カット)の良いものをお選びいただくことで十分に美しく
輝いて見えます。

CLARITY

CARAT

カラット

~ ct という単位で表されます。
1カラットは、現在 0.2g 。
上から見てダイヤモンドが大きい、小さいという大きさではなく、重さを表しています。
ブライダルダイヤモンドは 0.30ct 前後が使いやすさも考えるとベストでしょう。
また、小粒でもきりっと輝く 0.25 ct前後も人気があります。

カラット